ヴェポライザーの匂いは臭い?紙巻きタバコ・VAPE・IQOSとの匂いの比較

ヴェポライザーの匂いってクサイの?肩身の狭い愛煙家の皆さんは日々どこで吸っていますか?

最近ではマンションのベランダで近隣住民とのトラブルもよくニュースになっています。

外出中の喫煙所ならいざ知らず、場所は結構気を使いますよね。(といいますか、外の喫煙所もどんどん減っている昨今、本当に肩身が狭いですよね)

タバコの増税もあり、税負担の少ないヴェポライザーの使用者が急増中!ご家庭内でヴェポライザーを使用している方はもちろん、ヴェポライザー最初の一台をご購入前に匂いが気になっている方に紙巻きのタバコ・VAPEやIQOSとの匂いの比較を行ってみたいと思います。

そもそも臭いというものは、自分が感じる以上に他人の方が感じるものです。
ただ、ヴェポライザーの匂い自体は、紙巻きタバコよりは圧倒的に少ないですし、IQOSなどと比較してもそこそこ臭わないと感じています。

シャグそのものの匂い

加熱前のシャグは当然ですがタバコ葉なのでタバコ葉の匂いがします。

紙巻きタバコの匂いよりは薄めに感じますが、非喫煙者の妻いわく「どっちもそれなりにクサイ」だそうです……。

ただ、『紙巻きタバコに火をつけたときよりは全然マシ』とのこと。

ちなみにヴェポライザーで使用されるシャグには、着香と非着香があり、着香に関してはそれぞれのフレーバーの匂いがします。(当然ですが、、、)

着香系に関してはマンゴーやライチ・レモンなどフルーツ系から、コーヒーやチョコなど多種多様なフレーバーがあり、それぞれの匂いの再現度はともかく非着香のシャグよりも匂いは強くなります。

ただ、どれも加熱前のシャグに関してはほんのり程度で、部屋の芳香剤などと比較すると匂いはかなり控えめです。

ヴェポライザー他:加熱時・火をつけた状態の匂い

各種のタバコの加熱時や火をつけた状態は喫煙者・非喫煙者ともにこんな順で匂いがキツいです。

紙巻きタバコ >>>> IQOSのヒートスティック > gloネオスティック ≒ シャグ(ヴェポライザー使用時) >> Ploom Tech ≒ VAPE

物理的に燃焼させている紙巻きのタバコはどうしてもクサイです。
次いでIQOSのヒートスティックの加熱時の匂いは世間的にも焼き芋のような匂いが強めでクサイとする人が多いです。

メーカーからの公開されていませんが、IQOSのヒートスティックには風味やミスト量を増したりするためのグリセリンなどが添加されています。加熱方式や添加物の違いからIQOSの匂いがキツイと思われます。

IQOSよりもgloは加熱時の匂いがやや控えめでヴェポライザーで加熱したシャグも同等の匂いのレベルです。

加熱式タバコの中で最も匂いが穏やかなのがJTのPloom Techです。
IQOSやglo・ヴェポライザーに共通するのが、タバコ葉そのものを直接加熱することでミストを発生させますが、Ploom Techに関しては加熱したミスト(グリセリン)をタバコ葉にくぐらせる事でタバコ葉内の成分を吸い込みます。

このPloom Techのミスト元は、VAPE(電子タバコ)で使用されるリキッドと呼ばれる煙(ミスト)の元と同等の成分で、VG(ベジタブルグリセリン)・PG(プロピレングリコール)が主成分とされています。

要はPloom TechはほぼVAPEです。VAPEとPloom Techの違いはタバコ葉が入ったカプセルの有無です。このカプセル内のタバコ葉は少し匂いがするものの、ミスト源は無臭なため、Ploom Techの匂いは加熱式タバコの中で最も匂いが少ないです。

VAPEに関しては最も匂いが少ないとしましたが、この匂いはタバコとしての匂いで、VAPEのリキッドには様々な香料が添加されています。甘さの強い匂いや独特の匂いには好みがかなり出ます。そのため、嫌いな匂いの場合はクサイと感じる場合もあると思います。

例えば、最近のシネコンにはおなじみのキャラメルポップコーンの匂いが苦手な人にとって、キャラメル系の味のVAPEリキッドはクサイと感じると思います。ただ、本章ではタバコ葉に由来する匂いの臭さに限定して加熱式タバコの匂いの比較を行いました。

喫煙後の匂い・吸い殻の匂い

一般的に『吸い終わった紙巻きタバコの吸い殻の方が匂いがキツイ』と感じると思います。
ヴェポライザーや加熱式タバコ・紙巻きタバコの匂い
これは加熱式タバコの吸い殻も一緒で、IQOSのヒートスティックの吸い殻などは結構な匂いがします。

各種の吸い終わったあとの匂いは以下の順に臭います。
紙巻きタバコ >> IQOSのヒートスティック ≒ gloネオスティック ≒ シャグ(ヴェポライザー使用時) >> Ploom Tech

ヴェポライザーの匂いに関しても吸い殻はそこそこ臭います。
どのタバコも吸い殻はどうしても臭いが強いので、できれば気密性の高い灰皿の使用すると匂いを防ぎやすいです。

特に加熱式タバコであれば、灰皿は耐熱性である必要も無いため、気密性の高い保存容器なども使用可能です。
IQOSの灰皿やヴェポライザーの自宅用の灰皿として最適なKEEPOT

使用後の吸い殻の匂いも防ぎやすいのが加熱式タバコやヴェポライザー使用のメリットの1つだと思います。

紙巻きや加熱式タバコの匂いを計測してみたい:臭気計

Amazonや各種通販サイトなどを見ると臭気計として、口臭などを測定する機器が売られていますが、レビューを見る限り精度がイマイチであまり使い物にならなそうな印象です。

実際に吸ったあとの口の匂いを測定して各種タバコの匂いを比較してみようかと考えていましたが、対して正確な情報にならなそうなので断念しました。

ちなみに精度の高い産業用の臭気計ポータブルニオイセンサーなども検討していますが、実売価格で10万円以上、上位モデルは30万円と非常に高価です。

個人的な興味で紙巻きタバコは劇的にクサイことは間違いないと思いますが、加熱式タバコの匂いの差を定量的な測定を行ってみたいとは思っています。

先程のポータブルニオイセンサーなどはタバコ臭の測定にもメーカー側のページで測定例に記載されていたので、加熱式タバコの匂いについても正確なデータが取得できると想像しています。

最近ではPloom Techにも新型が発売されました。Ploom Techの上位版であるPloom Tech+ とヒートスティックを刺す形式の高温加熱のPloom Sの2機種が発売されており、Ploom Tech+の匂いは従来どおりかと想像されますが、おそらくPloom SはIQOSと同等程度の匂いだと思います。